髪の毛を染める時に頭皮が痛いのはなぜ?

お客様からいただくご質問で「昔ヘアカラーをした時に頭皮が染みたんだけど大丈夫?カラーをしたいんだけど怖くて…」という内容のものがございます。

 

今回は、なぜヘアカラーをすると頭皮が痛むのか、染みるのかをお伝えしたいと思います。

 

まず、始めに。

2015年10月23日、 消費者安全調査委員会が、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表し注意喚起を促しています。

多くの方がヘアカラーで染みたり、それが原因でかぶれたりしています。

 

しかし!

 

ご安心してください。カラーで染みた経験のある方はアレルギーの心配をされますが、すべてがアレルギーによるものではありません。

多くのカラー剤には「ジアミン染料」という成分が入っています

「ジアミン染料」、初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。

ジアミン染料はカラー剤の中に含まれている染料成分です。

そのジアミンにも様々な種類があり、頭皮に影響の少ないジアミン染料もあります。

 

ジアミン染料の一つである「パラフェニレンジアミン」

染毛剤の中で、多く使用されている酸化型の永久染毛剤の主成分になります。

パラフェニレンジアミンは色調が豊富で染毛力に優れており赤・青・黄色を濃く入れることができ、繊細な色〜ビビッドな色まで出せるほど表現力にも優れている染料になります。

しかしながら、その“パラフェニレンジアミン”はアレルギーリスクが非常に高く、ジアミンアレルギーを引き起こす原因の大半がパラフェニレンジアミンであるとも言われています。


すでにフィンランドでは1991年にパラフェニレンジアミンの一般向け使用が禁止され、今多くの国ではジアミンの中の一部使用禁止を伝えています。

カラー時は特に違和感がなく痛みも感じなかったのに数日後(2日~3日)に痒みや腫れ等の異常が見られた場合は「ジアミン染料によるアレルギー性皮膚炎」の可能性があります。

 

頭皮が痛むのは「接触皮膚炎」の可能性も!!

カラー剤の塗布中もしくは放置中に「ピリピリ痛みを感じたり」「ヒリヒリ熱く感じたり」と経験したことがある方もおられると思います。

これらはジアミンによるアレルギーではなく、カラー剤そのものの刺激による「接触性の皮膚炎」です。一般的に「カラーがしみる」と言われる症状で、アレルギーではありません。

ヘアカラーは1剤と2剤と呼ばれるものを混ぜて染料を発色させることで髪を染めているのですが、1剤に含まれるアルカリ剤と2剤の過酸化水素が反応しあい、pHの変動が起こりピリピリした刺激を引き起こします。

また、頭皮に傷がある場合や日焼け、乾燥や寝不足やストレスが原因で頭皮が荒れている場合も違和感を感じやすいのです。

 

K-STYLEのヘアカラーの痛みを抑える対策!

普段からヒリヒリした痛みや違和感のある方は、事前にスタイリストに相談の上、それに対する対処法を理解して頂ければ幸いです。

 

ゼロ塗布(ゼロテク・ゼロタッチ)を行い地肌にカラー剤がつかないようにする。

ゼロ塗布とは毛束を薄く取り、根元ギリギリの位置でカラー剤を塗っていく作業になります。

ゼロ塗布をすることで頭皮にカラー剤がつかなくなり、沁みたり、かゆくなったり、違和感を感じたりすることが減少します。

 

刺激の少ないカラー剤で施術する。

K-STYLEではご希望であれば、ヴィラロドラという世界初のオーガニックカラーを使用しています。

ヴィラロドラとはイタリア・ウンブリア州に広がる有機栽培農場で誕生したプロユース専門メーカーKemon社のオーガニックブランドです。
イタリアの代表的なオーガニック認証機関ICEAが定める、動物由来成分の不使用などを推奨するICEA VEGAN認証を取得。
さらにエコロジーやサスティナビリティを実現しながら、高いパフォーマンスを発揮するNEAR NATURE規格遵守を両立しています。

①92%天然由来のヘアカラー

②刺激臭を約70%抑制!心地よさへのこだわり

③しっかり染まるグレイから、高明度カラーまで、幅広い表現が可能!

ヘアカラー時に頭皮の痛みが気になる方は、是非お試しください!

K-STYLEオーガニックカラーをお試ししたい方はこちらから!!

 

ヘアカラー流し中にプロドゥ アルカリクリアフォームを使用!

カラーの残留アルカリとイヤなニオイのもとをしっかり除去し、トリプルフルーツ酸配合で髪と頭皮を弱酸性に戻して、気になるダメージをサポートします。

 

ヘアカラーを行う前日や直前にシャンプーをしない。

その方がカラーやパーマを安全に施術することが出来ます。

頭皮の油が地肌を守ってくれるのでトラブルは減ります。

 

ヘアカラーリングをやめる

完璧な改善策はアルカリ剤が入っていないカラー剤を使うか、キッパリとカラーリングをやめる他、現段階で方法は残念ながらナイです。

 

カラーによるアレルギーや接触皮膚炎を我慢するとどうなる?

「頭皮が傷む」のを我慢しますと、薄毛、抜け毛、白髪の原因になります。

頭皮が傷むという事は毛穴にもダメージがあります。

頭皮の毛穴には、髪の毛を生成する大事な細胞が存在しています。

その細胞を弱らせてしまうと、元気でハリ・コシのある太い髪の毛が生えてこなくなったり、色素をつくる細胞が弱ってしまう事で黒髪が作れなくなり白髪が多くなる原因にもなります。

通常のヘアサイクルが維持できなくなることで、抜け毛を促進させてしまう可能性も考えられます。

ブリーチが痛いのは何故?

その人の頭皮の質や状態・髪質により左右されブリーチをしても痛みを感じない方もおられます。

普通のカラーやパーマでも乾燥して油分のない頭皮は痛みを感じやすくなります。乾燥しやすい方は直前のシャンプーを髪の汚れだけを落とすようにすると良いかと思います。

ブリーチが痛い理由は、ブリーチ剤に含まれている成分の「過硫酸塩、アルカリ、過酸化水素水」の3つが頭皮へ刺激をしています。

これらは髪に含まれているメラニンという色素を分解する作用をもっており、ブリーチする際にメラニンと同時に髪のキューティクルを破壊しています。

3つの成分の中でも過酸化水素水は漂白する時に用いられるものなので破壊効果も抜群です。

理容室のカラー剤と市販のカラー剤の違い。

市販のカラー剤と理容室で使っているカラー剤の成分の違いはあります。

配合成分で細かな違いはいくつもありますが、その中でも先程説明したパラフェニレンジアミン成分の配合に大きな違いになります。

市販されているものは理容室で使われているものより手軽で強力な効果を持ち素人でも簡単に染めれるそうに作られていますためです。

是非、K-STYLEでプロのカラーを体験してください!

ご予約はこちらから!!

 

2021年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031