シャンプーの選び方がわからない…メンズ向けに徹底解説

K-STYLEは年間に何万人というお客様がいらっしゃいます!

そんな中、お客様の声でとっても多いのが

『シャンプーなに使っていいかわからないんだよね、、、』

 

難しいですよね。

 

そして

『奥さん、彼女と同じやつ使ってる』

『適当にドラッグストアで買ったやつ使ってる』

という方が大半!

 

絶対、絶対、絶対に駄目です!!!!!

 

 

そこで今回はそんなメンズの皆様にメンズシャンプーの選び方を解説していきたいと思います。

 

初めに、どうして奥様や彼女さんと同じものを使うのが駄目なのかです。

女性向けシャンプーと男性向けシャンプーは根本的に目的や成分が全く異なります。

それは女性と男性では体質がそもそも違ってます。

男性の肌は女性の肌に比べ、保水量が低く水分量が1/2以下で、ターンオーバーが早く保護力がよわい。皮脂量は約3倍と圧倒的に多い。

このことから、男性の皮膚は保護力・保水力は女性に比べて低く、皮脂は多いと、肌状態は女性よりも悪い傾向にあるのです。

 

異なる状態の肌に同じ成分のシャンプーを使ったらどうなるか、、、、

おわかりいただけたでしょうか?

ちなみに、子供と大人でもまったく違うので注意しましょう!

 

 

 

では、ご自身にあったものを探していきましょう!

 

 

まずはシャンプーには種類がありますのでそれを理解していきましょう。

 

『アミノ酸系シャンプー』

『ノンシリコンシャンプー』

『高級アルコール系シャンプー』

『石鹸系シャンプー』

などです。

 

 

『アミノ酸系シャンプー』

 

アミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーのことです。

シャンプーに限らず、多くのボディソープなどの洗浄剤には界面活性剤が使用されています。

アミノ酸シャンプーは界面活性剤にアミノ酸系の成分を使用していることが大きなポイント。

アミノ酸はタンパク質の一種なので、爪や皮膚、髪の毛を構成している成分と同じです。

そして人の肌と同じ弱酸性!

 

【メリット】

低刺激なので肌に優しい。

アミノ酸系界面活性剤なので皮脂を落としすぎず頭皮の潤いが残る。

髪の毛のダメージが少ない。

【デメリット】

洗浄力が弱いのでさっぱりしたい方にはイマイチ。

一般的なシャンプーに比べて値段が高い。

多糖類、植物由来のアミノ酸でつくられたシャンプー。【CACシャンプー】!!こちらをクリック!

 

『ノンシリコンシャンプー』

 

その名の通りシリコンがNOなシャンプーです!

シリコンとは…髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割

 

 

【メリット】

変に髪をコーティングされないので、パーマ・カラーなどが

しっかりかかり持ちが良くなる。

シリコンのコーティング作用がないので髪に軽さが生まれボリュームがでやすくなる。

シリコン配合のシャンプーは使った時にしっかりすすぐことができていないと頭皮にシリコンの成分が残り、頭皮トラブルを招く可能性があるがノンシリコンシャンプーであれば、頭皮にシリコンの成分が残ることもないので安心。

 

【デメリット】

コーティングされないので髪がきしむ、手触りが悪くなる。

そしてドライヤーやアイロンの熱に弱い。

ノンシリコンシャンプー・コンディショナーは【BASARA】がお勧め!

 

『高級アルコール系シャンプー』

 

一般的に市販されている大多数がここに属しますね!

「高級」とついているから良いってものではなく、

「高価」というよりはただ分子が大きいということです。

 

【メリット】

安い・泡立つ・スッキリ。

比較的に安価なものが多く。

洗浄力がとてもつよいので爽快感はどの種類より良いです。

 

【デメリット】

皮脂を取りすぎてしまい頭皮トラブルの原因に。

刺激が強い。

 

『石鹸系シャンプー』

石けん素地や脂肪酸カリウムなどの成分が主成分。

 

【メリット】

コシ、ボリュームが出る。

頭皮トラブルが少ない。

安価。

ニオイ対策。

 

【デメリット】

髪の毛がきしむ

カスなどが残りやすくしっかりすすがないとトラブルの原因に

パーマ・カラーをしている方には向かない

 

 

ということでだいたいのシャンプーの種類はご理解いただけましたか?

 

でもなにがどのシャンプーにあてはまるかわからないですよね?

 

そしたらシャンプーの裏にある成分表示を見てください!

成分表示は成分が多く入っている順に表示してあります。

一番初めにくるのが『水』です。

そのあとに続くいくつかの成分を見て判断しましょう。

 

『アミノ酸系シャンプー』

ココイルグリシンK

ココイルグルタミン酸

ラウロイルグルタミン酸

ラウロイルグルタミン酸TEA

ヤシ油脂肪酸

 

ココイル~、ラウロイル~、が見分けるポイントです。

 

『高級アルコール系シャンプー』

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Na

 

ラウレス~、ラウリル~、などが多いですね

 

『石鹸系シャンプー』

石けん素地

脂肪酸+水酸化Na

脂肪酸+ラウリン酸

高級脂肪酸Na

 

という感じになっております。

 

 

シャンプーのことを少しわかってきましたか?

 

 

でも種類と成分はわかったけど結局自分は何を使ったらいいの?

ですよね!

最後に説明していきます!

 

正直、メンズシャンプーの選び方は本当にいろいろだと思います。

私が思うシャンプーの選び方は

 

1、どのような効果がほしいか

2、洗浄力がどれくらいか

3、自分の頭皮、髪の状態

4、使用感

 

を考えて選んでいくといいと思います。

 

どのような効果をもとめるか

ボリュームがほしい・髪に潤いがほしい・フケなどをおさえたい・ニオイを抑えたい

などがあがってくると思います。

ボリュームが欲しい方はノンシリコンシャンプー

髪に潤いが欲しい方はアミノ酸系やシリコンシャンプー

フケなどはアミノ酸系やあまりひどい場合専用の薬用成分のシャンプーもオススメ

ニオイに対しては年代やニオイの種類によってまたかわってきます

加齢臭はカキタンニン

汗臭さはイソプロピルメチルフェノール

といった成分が入っているものだと効果的です。

 

洗浄力をどれくらいもとめるか

これは皮脂の量によって決めていくといいですね。

少ないかたはアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプー

多い方は高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプー

ただ注意が必要なのは、脂が多いから全部落とせばいいってものでもないことを忘れないでください!

 

自分の頭皮、髪の状態を考える

これはどのような効果をもとめるかとも似てくるところです。

頭皮、髪が乾燥しているなら潤いを与えられるものがいいですし

逆に脂っぽいなら落とせるものがいい。

フケかゆみがある、においがする、敏感になっている、などなど

まずは自分の状態を理解してみましょう

わからない方は理美容師さんに聞けば教えてくれると思います。

 

使用感について

 

洗いやすさ、手触りのよさ、爽快感、香り

などですね!

これはもう使ってみるしかないですね!

 

 

という感じでいろいろ説明させていただきました!

上記のことをふまえて選んでみるといいものが見つかるかもしれません!

 

ちなみに、、、

K-STYLEへいらしていただければ

お客様それぞれにあった一品をご提案させていただきます!

K-STYLEのご予約はこちらから!!

 

2021年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031