シャンプーが泡立たない。。。 原因は1つではない!!??

最近シャンプーしていても泡立ちが悪くなった・・・

と感じることはないですか??

その原因は一つではないとご存知でしょうか?

そもそも泡を立てずにシャンプーしたら髪の毛、頭皮にどんな影響があるのか。

解説していきたいと思います!!!

 

まずシャンプーの泡立ちの悪さの原因は皮脂汚れ・不十分の予洗い・整髪剤のつけすぎ・髪の毛のダメージ、大きく分けてこれらが原因とされています。

泡立たない原因と改善策

皮脂汚れ

汗をかいた時などは普段より皮脂の分泌量が増えてしまいます。大量の皮脂は髪の汚れが増したり、毛穴につまると吹き出物の元になっってしまいます。

しかし、紫外線などの外部の刺激から髪と頭皮を守っているのも皮脂です。皮脂がなくなると頭皮は乾燥してフケ、細毛、抜け毛の原因に繋がってしまいます・・・

シャンプー前にブラッシング!

ブラッシングは頭皮や髪に付着した油分や汚れをきちんと落とすことがポイントです。髪が長い人はブラッシングで髪の絡まりもほぐれますので、泡立ちだけでなく指どおりもスムーズになります。

ブラシは、豚毛や猪毛の「動物毛のブラシ」が髪や頭皮への密着力も高く、汚れを吸着しやすいのでオススメです。そのほか睡眠不足や油分の多い食事などでも皮脂分泌が過剰になりますので、普段の生活習慣の見直しも必要です。

髪をとかすごとにキューティクルを整え、艶を与える “育成光線” と“マイナス電子”が練り込まれていく《パドルブラシ》

予洗い

シャンプー前のお湯での予洗い不足は男性だと特に多いのではないでしょうか。予洗いをしっかりするだけでも皮脂や汚れは6~7割くらいは流せます。ブラッシングした後の予洗いだとさらによく落とせます。髪の表面だけ濡らすのではなく、頭皮までしっかり濡らして1~2分ていねいに流しましょう。髪が長い人は、髪の中に指を入れ、お湯を手のひらにためるように肌を濡らしましょう。予洗いのお湯の温度は38~40℃くらいがベストです。冷たすぎても暑すぎてもよくありません。

整髪剤のつけすぎ

ヘアワックスやヘアスプレーなどの油性整髪料を塗布しすぎるとシリコンや油分で髪がコーティングされ泡立ちが悪くなります。特に髪がしっかりと固まるタイプの整髪料ほど吸着力が高いので落ちが悪く泡立ちも悪くなります。水性の整髪剤はお湯で流しやすい点でとても使い勝手がいいですが、上で記載した様に予洗いが不十分だと泡立ちにくくなってしまうので入念に洗ってください。

髪の毛のダメージ

カラーやパーマ・トリートメント・紫外線などによるダメージが原因の場合もあります。髪がダメージを受けるとキューティクルが開きやすくなり、水分やシャンプー剤が吸収されやすくなるため泡立ちが悪くなってしまいます。理容室・美容室での集中トリートメントなどをして補修を根本的な改善していきましょう。

 

Q.泡がない状態でシャンプーするとどうなるの??

A.シャンプーが泡立たないままいつも通りシャンプーをしてしまうと、本来泡がシャンプー中に髪の毛と髪の毛が擦れ合う摩擦を軽減してくれているので、泡立たないままだとキューティクル同士が擦れ、濡れて柔らかくなっているキューティクルは簡単に剥がれてしまいます。そうなるとキューティクルが剥がれた部分から内部成分が流出して髪が弱っていき、枝毛や切れ毛などの原因にもなります。また洗浄成分効果が十分に発揮できずに汚れが落ちきらず、匂いやベタつきの原因となり衛生的にもよくありません。

そして、原液を頭皮につける事となり炎症やかゆみなどのトラブルが起きる可能性が高まります。頭皮の皮脂も取りすぎてしまうので、乾燥やフケ、抜け毛などにつながる場合もあります。

Q.シャンプーを2回した方がいいの??

A.二度洗いのメリット

汚れをしっかり落とし整髪料のトラブルを防ぐなどの二度洗いにはメリットもあります。また、頭皮汚れでシャンプーが泡立たない場合、毛詰まり・頭皮のにおいの原因になることもありますが二度洗いすることで改善につながります。ほかにも、ワックスなどの整髪料が原因でシャンプーが泡立たないときは、二度洗いすることで改善できることもあります。

二度洗いのデメリット

二度洗いをすると、シャンプーの洗い残しが起こりやすく頭皮も乾燥してしまいます。また強いシャンプーだと頭皮トラブルが起きてしまうなどのデメリットがあります。二度洗いすることでシャンプーの使用量が増えるため、洗い残しにつながります。洗い残しは頭皮トラブルの元にんるのでしっかりすすぎましょう。さらに、二度洗いすることで頭皮に皮脂が足りなくなり、頭皮の乾燥を引き起こします。特に洗浄力の強いシャンプーは頭皮のトラブルを引き起こす可能性が高くなります。

結果

最近は市販の高級アルコール系シャンプーが多く、しっかりとした洗浄力で汚れを落としてくれる半面、頭皮への刺激は強めなので、生活環境によりますが通常は1日1度、1回のシャンプーで十分と言えます。しかし、絶対に2度洗いがダメというわけではなく、1度では汚れや整髪料が落ちない場合(油性整髪剤)などを使ったりしてる時は2度洗いしたほうがいいでしょう。仕事でヘアスプレーや多量の整髪料を使用している方や、最近流行りのバーム系やオイル系の油分の多い整髪料を使用しているときは1度の湯洗いやシャンプーでは汚れが落ちない事もあります。そういうときには、1度目で泡立てをしっかりして髪に付いた整髪料を落とし、2度目で頭皮をしっかりマッサージするように洗いましょう。また前回投稿しているアミノ酸系のシャンプーは保湿力が高く洗浄力は優しいので2度洗いに向いています。

 

正しいシャンプー方法

予洗いなどをしっかりしたあとにシャンプーを適量手に取り(ショートヘアーの方は1プッシュ、ロングヘアの方は2~3プッシュ)、手のひら全体でお湯を少し足しながら軽く泡立てます。その後、シャンプーを髪全体に広げ、髪に空気を入れ込む感覚でさらに泡立てます。洗う時は、爪でゴシゴシ洗うのはN G!指先の腹を頭皮につけて洗いましょう!敏感肌・アトピー肌の方は泡立てネットを使用するとモコモコ泡が簡単にできますので使うのも一つの方法です!

 

多糖類、植物由来のアミノ酸でつくられたCACシャンプー

自身にあったシャンプー選びはぜひ記事をご覧ください!!

その他気になる事がございましたら、ご来店時に相談ください!

 

2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031