メンズカットの種類とは?カットするなら頻度はどれくらい?

メンズカットの種類とは?カットするなら頻度はどれくらい?

一度カットしても、その後のカットを放っておくと髪がまとまらなくなります。そうなる前に、美容院や理容室でのカットをおすすめします。メンズカットにはさまざまな種類があります。

その中でも今どんなカットが人気なのかなど、分からないまま美容院や理容室に行くのに不安を感じている方もいるでしょう。この記事では、メンズカットの種類や、カットへいくべき頻度についてご紹介します。

メンズカットの頻度

髪の長さにもよりますが、メンズカットは基本的に1か月に一度は整える必要があります。女性よりも髪が短い分、放っておくことでシルエットやボリューム感に違和感を覚えやすいからです。

約3週間放っておくだけであれば、まとまりも良くさほど違和感はありません。しかし、それ以上放置してしまうと、まとまりが悪くなったり不具合を感じたりする方が多いです。

髪は1か月でおよそ1センチ伸びる

髪の毛は男女とも、1か月で1.2センチ伸びるといわれています。髪の毛の長い方にとってはあまり気になりませんが、ショートヘアの方にとって1センチは見た目にも影響が現れ始めます。2か月経つとおよそ2.4センチ伸びることになるので、ヘアスタイルを維持したい男性にとっては切る目安にもなります。

3か月放置すると見た目の印象が変わる

髪が短い男性だからこそ、髪の毛の長さは多くの方の目に留まります。3か月なにもしない状態にしておくと、ボサボサに見えるだけではなく不潔な印象を与えてしまうことがあります。社会人の場合は身だしなみに気を遣うことも大切になるので、髪の毛の量や見た目に変化があらわれたら、早めにカットすることをおすすめします。

メンズカットの種類

せっかく髪を切るのであれば、流行の髪型にしてかっこよくしたいと思う方も多いでしょう。人によって似合う髪型はそれぞれ異なりますが、「うけのいい髪型」などの好感度の高い髪型は存在します。

ここでは、相手に好感を持たれやすいメンズカットの種類についてご紹介します。

ウルフ&ボブカット

ウルフスタイルは、カジュアルな格好に良く似合うメンズカットです。トップにボリュームがあり、耳元を長めにするカットは、男らしさとミステリアスな雰囲気を演出します。近年ではボブスタイルも取り入れたウルフカットが流行しており、清潔感も兼ね備えた髪型になるのが特徴です。

アシンメトリー刈り上げ

男性の髪型で人気のある刈り上げは、男女を問わず愛される髪型のひとつです。サイドの髪をスッキリさせてツーブロックにすることで、爽やかな印象を与えます。スタイリングも簡単なので、ビジネスマンにも人気です。

髪のカラーを明るくして、刈り上げ部分を多くすることで、最近流行している外国人風ヘアスタイルに変身します。

エアリーパーマ

最近では女性だけではなく、男性もパーマをかけてオシャレ度をアップさせています。エアリーパーマは、自然な動きのある立体ヘアスタイルを演出します。かるくワックスで整えるだけで簡単にヘアスタイルをつくることができ、抜け感のある男性に仕上げます。

どんなファッションにも似合うことから、若い方からの支持を集めています。

セルフカットはできる?

2か月に1度のメンズカットへ行く余裕のない方は、セルフカットがおすすめです。セルフカットは若者の間でも流行っており、髪が短い方の多くがスタイルを維持するためにセルフカットしています。

髪の毛は印象を決める要因にもなるので、いつでもしっかり決めておきたいものです。ここでは、簡単なメンズセルフカットについてご紹介します。

ハサミは20度~30度傾ける

すきバサミを使用する際、ハサミをおよそ20度~30度傾けて使用しましょう。そうすることで、自然な形に切りそろえることができます。また、ハサミは完全には閉じず、細かく少し開いたままの状態でカットしていきます。

セルフカットでは3回に分けて切る

切りたい部分があると、一度ですべて切ってしまいがちです。しかし、一気に切ってしまうと不自然な毛束ができてしまい、仕上がりに違和感ができてしまいます。カットをする際は3回程度に分けて、根元から細かく切っていきましょう。

失敗した箇所にバリカンを使用する

バリカンは、失敗した箇所を修正するためにも使用できます。アタッチメント付きのバリカンを使用することで、自然な仕上がりになります。また、ツーブロックをつくる際や仕上げの段階でも使用するので、1台は家に準備しておくとよいでしょう。

まとめ

メンズカットを行う場合は、およそ2か月に1度は美容院や理容室に行くことをおすすめします。人の髪の成長は個人差もありますが、およそ1か月に1センチ伸びます。髪が短い男性にとって、この1センチでスタイリングに違和感を覚えやすくなります。

2か月に1度もカットに行くお金や時間がないという方は、セルフカットがおすすめです。美容院ほどきれいにできなくても、カットをしに行くまでの応急処置として活用できます。セルフカットに自信がない方は、美容院でおすすめの髪型にしてもらいましょう。

「K-STYLE」は、女性うけするヘアスタイルや清潔感のあるメンズカットを行っています。プロ意識と感謝の気持ちを忘れず、お客様に合ったヘアスタイルを提供します。日比谷、銀座、有楽町、虎ノ門、神保町エリアで理容室をお探しの方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

K-STYLEのスタイルギャラリーはこちらから!!