致知新春講演会PartⅡ

致知新春講演会PartⅡ

五木寛之さんの講演です。



テーマは


「今を生きる力」!



大雑把に伝えますと、



世の中は何でもかんでもプラス思考、前向き、ユーモアで生きる事を提唱し、マイナス思考、泣く、嘆く事を排除しようとする傾向にあります。



しかし人間は、その対立した力のバランスの中で生きています。



悲しみ、苦しみ、寂しさ、切なさ等を素直に受け入れることも大事なんですよ。



と言う解釈をさせてもらいました。




その講演の中で印象に残った、ある母子のエピソードを載せたいと思います。



貧しい生活をしいていた母子。


裸電球の下で母は子供を膝枕で寝かしつけながら、何度も何度も子供に語り伝えました。


「お前もいつかは大人になっていくんだろう。
でもね、大人になるのは良い事だけではないよ。
何も起きていないのに、気持ちが落込み、周りの人全員が敵に見えてしまう時もある。
そういう時はね、頑張って乗り切ろうとせず抵抗しないで、肩を丸めて「あ〜ぁ」とため息をついてごらん。
そうすると、何となく気持ちが楽になり、一歩踏み出すことが出来る。
それで乗り越えても、またその落込む気持ちはやってくるよ。
それはね、人間の背負った宿命だから受け入れなさい。」



そうなんです。


何となく気持ちが滅入る時が誰にもあると思います。


それを排除せずに、それも自分。と、受け入れれば、人間の深みが出てくるのではないでしようか?


むしろその方が健全な気がします。(もちろん様々な考え方があります。)


話しが上手で引き込まれ、時間があっと言う間に過ぎてしまいました。



ありがとうございます!



その後の懇親会でも、様々な方々と交流を持つことができ、とても有意義な時間を過ごせました。



興味がある方は、是非、加藤まで〜!







2020年10月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031