髪の毛が細くなってきた原因とは?

髪の毛が細くなる原因には、遺伝や加齢、ストレス、脱毛症などが考えられます。

中でも、男性型脱毛症「AGA」によって髪の毛が細くなっている場合、やがて薄毛も進行する可能性があるので早めの対策が必要です。

まず自分の髪の毛が細いか太いかわからない方も多いと思います。

 

そこで髪の毛の細い人の4つの特徴をお伝えします。

1.髪のボリュームが少ない

2.髪のハリ、コシがない

3.髪の毛が柔らかい

4.地肌が見えやすい  

毛が細い人はボリューム感がなく一本一本が柔らかいため、ペタンとした髪型になるのが特徴的です。

 

髪の毛が細い、柔らかい人の原因は沢山ありますが今回は3つご紹介します。

1.遺伝や生まれつき

子供の頃から毛が細い人は遺伝が主な原因として考えられ、大人になって細くなった人は加齢やストレスなど後天的な原因だと考えられます。

生まれつき毛が細い人は後天的に太くすることは難しいでしょう。

発毛、養毛、育毛対策など、髪の毛の成長を促しても、元々の太さ以上に髪の毛を太くすることは期待できないかもしれません。

遺伝・生まれつきではなく、後天的に細くなった場合は改善できる可能性があります。

2.ストレス

過度なストレスがかかると自律神経が乱れてしまい、交感神経が優位になり、体が緊張状態になります。

すると血管が収縮し、血液が筋肉の方に運ばれてしまいます。

頭皮に十分な血液がいかず血行不良を起こし毛が細くなることがあります。

3.間違ったヘアケア

間違ったケアでは逆に頭皮に負担をかけ細毛の原因になることがあります。

実際にある例として ・毎日2回以上髪を洗ってる。

・シャンプーの時に爪を立ててゴシゴシ洗ってる

・長時間整髪料をつけた状態にしている

・必要以上にドライヤーで髪を乾かしてる

 

頭皮環境を整える洗髪もやりすぎると皮脂が取れすぎてしまいかえって頭皮環境を悪化させます。

正しい知識で適切なケアを目指していきましょう。

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930