フケが出る方の原因と対策!!

寒くなって乾燥しやすい季節になると、フケなどが気になってくると思います。

そこで今日はフケに対する原因と対策についてお話ししたいと思います。

フケとは、皮膚の老化により剥がれた古い角質のことです。

生活する上でフケが出るのは仕方ないことですが、正しい頭皮ケアと生活習慣によって改善できます。

フケは頭皮からでる垢のようなものです。

皮膚にはターンオーバーと呼ばれる、1ヶ月程度で古い皮膚が生まれ変わるサイクルがあります。

このサイクルにより剥がれた「古い頭皮の角質」がフケです。

つまり誰にでも発生しますが、ターンオーバーが乱れると良くない特性のあるフケが発生します。

それが次の2種類です。

・脂性のフケ

・乾性のフケ 

脂性のフケはサイズが大きく、ベトベトしていることが特徴です。

粘り気があるため毛穴に詰まりやすく、抜け毛の原因にもなります。

脂性のフケが発生する原因は、皮脂の過剰な分泌です。

皮脂の分泌量は性別によって差があり、男性のピークは10代〜60代で、女性は30代までです。

男性のピーク期間が長いのは、男性ホルモンが大きく影響するからです。

また、皮脂分泌には季節も関係します。

例えば夏の暑い時期に代謝が良くなると皮脂腺の活動も活発になり、皮脂の分泌量が増えます。

皮脂の分泌にともなって起こるのが、皮脂を餌とするフケの原因菌の異常増殖です。

この原因菌の異常増殖によってかゆみや炎症の元となる脂性のフケが発生します。

乾性のフケはこまかくカサカサしているのが特徴です。

頭皮の乾燥が原因で発生します。

皮脂の分泌が多いことが原因である脂性のフケに対し、皮脂の分泌が少ないことで発生するのが乾性のフケです。

皮脂が少なくなることでターンオーバーのサイクルが早まり、未熟なまま剥がれた角質が乾性のフケとなります。

なお、乾性のフケは頭皮が乾燥する秋から冬の時期に発生することが多いです。

乾燥肌の方も頭皮が乾燥しやすいため、乾性のフケができやすい状態であるといえます。

また、乾燥した頭皮はとても敏感なため、少しの刺激でも炎症を起こして、かゆみの原因にもなりますので注意しましょう。

フケが発生する主な要因は以下の3つです。

– 洗髪ですすぎ残されたシャンプー

– 頭皮の乾燥

– ストレス

最後に、日常生活の中で行える5つのフケ対策・予防法をご紹介します。

* シャンプーを見直す

* 洗髪方法を見直す

* 正しくヘアドライをする

* 頭皮マッサージを試してみる

* ビタミンB2,B6を意識した食生活を送る

簡単にできるものもあるので是非試してみましょう!

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728