ホーム>理容と美容の違い

理容と美容の違い

理容と美容の違いについて

ひげそり

一般的に男性向けが理容、女性向けが美容というイメージがありますが、お客様の性別に関係なく、法律により仕事内容が区別されております。

理容:「頭髪の刈込、顔剃り等の方法により容姿を整えること」(理容師法第一条の二)

美容:「パーマネントウエーブ・結髪・化粧等の方法により容姿を美しくすること」(美容司法第二条)

とありますが、実際は法律通りということもなく、お互いの仕事が取り乱れて行われているのが現状です。
理容と美容の決定的な違いはかみそりを使いお顔剃りができるところではないでしょうか。

理容は、昔、医療機関が未発達であったころ、それを補うものとして、一部外科的な行為が認められていたことに端を発して、かみそりの使用を認められています。
かみそりを扱うということはそれなりの修行と経験が必要です。
また、理容師はハサミで髪の毛を切って整えるということで、刈り込みや刈り上げなどはミリ単位でこだわって行う方が多いように思います。美容は、パーマはもちろんのことヘアメイク、着付け、ネイルアート、エステティックなど容姿を美しくするために幅広い現場での活躍が求められます。

PAGE TOP